■戻る

過去ログ倉庫subjectファイル収集スクリプト by WSH

このスクリプトは、2ch内の指定した掲示板の過去ログ倉庫の
分割されたsubject.txtを連結させてローカル保存するWSHスクリプト(VBScript)です。

(ダウンロード)
download(2chsubjectget.vbs.txt) 17kb

(非連結版)
download(2chsubjectget_noirase.vbs.txt) 17kb

使い方



ダウンロードした2chsubjectget.vbs.txtを2chsubjectget.vbsにリネームして下さい。
2chsubjectget.vbsを実行すると、このようなダイアログになります。
このときに、収集したい掲示板のURLを入力してOKを押してください。


以下、自動的に収集する事と思います。
終了すると、スクリプトと同じ場所に連結されたsubject.txtが保存されている事を確認して下さい。


次回の起動時には、今回入力した掲示板URLをFind.txtに記録していますので、
同じURLを巡回する場合は、URL設定の必要はありません。

保存したsubject.txtの用途         

保存したsubject.txtの用途として次のようなものが考えられると思います。

【簡易スレッドタイトル検索】
subject.txtをエディタ等で開いてキーワード検索すれば
簡易的にスレッドタイトル検索として使えるかもしれません。

【過去ログ倉庫作成】
subject.txtを加工したものを集めればこちらのようなものも出来るかもしれません

【過去ログ取得】
専用ブラウザにsubject.txtを入れて●を使えば
ある程度効率的に過去ログを取得出来るかもです

注意点         

連結する際に空行が出来ますが、直すのが面倒なので 仕様という事で。
(誰か教えて下さい)

また、例えばニュー速vipのようにそれぞれのsubject.txtのサイズが大きいものの場合は
非連結版を使ったほうが良いかもです。

いったん各subject.txtを一時保存してコピーしてから削除しているので
アンチウイルスソフトによっては警告が出るかもしれませんが、御容赦下さい。

付記         

レジストリとか使っていませんし、たぶん安全ではないかと。
とはいえ、このプログラムを使って発生した損害に関しては、一切の責任を負いません。
再配布はお控え下さい(モノがモノだけに・・)
動作の保証はありません。

謝辞         

WSHの元スクリプトについてはこちらパク大いに参考にさせて頂きました
ここのhtmlについてはこちらパク参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。怒らないで下さい

■戻る

2007.1/26

あみあみ Amazon Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 転職 海外旅行保険が無料! 格安航空券